美女と野獣(実写)の最後の王子役の顔がかっこよくない?戻るとがっかりの反応や俳優も!

6月7日に金曜ロードSHOWで「美女と野獣」が放送されますね。

今回放送される実写版の「美女と野獣」は2017年公開で大ヒットした作品です。

「美女と野獣」は最後に野獣が人間の王子様に戻りますが、イメージしてたような王子ではありませんでした。

そこで今回は、

  • 美女と野獣の最後に王子にがっかり
  • 美女と野獣の王子の名前や王子役のキャスト

について書いていきます。

美女と野獣(実写)の最後の王子に戻ると顔かっこよくなくてがっかり?むしろひどい?

美女と野獣を観た人の反応は、アニメも実写も共に野獣から王子様に戻ったときに、がっかりしたという感想が多いです。

わたしはアニメの方は観ておらず2017年の実写版しか観たことないのですが、王子様に戻ったときは「意外と微妙…」と思いました笑

野獣の時の方がイケメンという意見もあるくらいですからね。

王子様に戻るのは作品の最後なので、野獣の時の方が感情移入してるっていうのもあるかもしれませんね。

2回以上本作を観る人は「王子に戻らないで」と思うのではないでしょうか。

この野獣から王子様に戻るシーンについては、製作側も「人気が出ないことは分かってた」とコメントしてるくらいです。

ちなみに最後のお城の外に出てくるシーンは、服装がカジュアルな感じで違和感がありました笑

美女と野獣(実写)の王子の名前は?

野獣のときや王子様に戻ったときも王子の名前が出てくることはありませんでしたよね。

ベルも「野獣」や「あなた」、「彼」と呼び家来も「あの方」「王子」と読んでいました。

そこで、名前を調べてみると「アダム」ということが分かりました。

映画の作中では出てきませんが、ミュージカルやゲームでは「アダム」として登場しています。

原作では名前が設定されていないので、「アダム」というのも後付けの可能性が高いですね。

ちなみに美女の名前は「ベル」ですが、原作では名前が設定されておらず、この「ベル」という名前はディズニーが付けています。

美女の名前「ベル」の由来は、フランス語で「美しい」という意味からきています。

美女と野獣(実写)の王子役の俳優は誰で撮影方法は?

最後にがっかりさせてしまった王子役について紹介します。

王子役はダン・スティーヴンスというイギリスの俳優さんです。

  • 名前:ダン・スティーヴンス (Dan Stevens)
  • 生年月日:1982年10月10日
  • 年齢:36歳(2019年6月現在)
  • 出身地:イギリス、ロンドン生まれ
  • 身長:183cm
  • 有名な出演作:英ドラマ「ダウントン・アビー」映画「ナイトミュージアム」米ドラマ「レギオン」他

こちらの写真を観るとイケメンですね。

髪は短いほうがカッコイイです笑

「美女と野獣」の撮影ですが、野獣のシーンはすべてグレーの全身タイツで撮影していたんです。

モーションキャプチャーという撮影方法ですね。

しかも、野獣の時の表情については別で撮影しているんです!

ベル役のエマ・ワトソンとの演技のあとに、ダンだけ表情を撮影するための特殊な装置に入り、同じシーンの表情を再現してたんです。

この撮影方法を知った上で、作品を観ると印象が変わりそうですね。

おわりに

今回は、「美女と野獣」の最後の王子にがっかりの反応と王子の名前やキャストについてまとめてみました。

野獣が王子に戻ったときは、王子役に「がっかり」と感じた人が多かったですね。

王子の名前は作品の中では出てきておらず、原作にも設定されてませんが、ミュージカルやゲームでは「アダム」という名前になっています。

今作の野獣(王子)役はダン・スティーヴンスというイギリスの俳優さんです。

王子にがっかりという反応が多かったですが、誰が王子役をしても結局この反応は変わらないような気がしました。

大事なのは作品の意味するとこは何か?ということなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。