柳本顕(元大阪市議)の現在の活動や父親は?学歴や経歴にwikiプロフィールも調査!

大阪府知事・大阪市長のダブル選で、元大阪市議の柳本顕氏(45)が、「市長選に出馬する覚悟を決めた」と表明しました。

柳本顕氏は元市議であり、自民党が市長選への出馬を要請した人物です。

自民党の要請もあって出馬に至っていますが、柳本顕の人物について気になりますよね。

そこで今回は、

  • 柳本顕の現在の活動や父親
  • 柳本顕の学歴や経歴にプロフィール

についてまとめていきます。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

柳本顕(元大阪市議)の現在の活動や父親は?

それでは、柳本顕の現在の活動と政治家でもあった父親について紹介します。

柳本顕(元大阪市議)の現在の活動

柳本顕は1999年に最年少の25歳で初当選していて、以後連続5選大阪市議を経験しています。

しかし、前回2015年の市長選にも立候補し、吉村氏に敗れてました。

その後の活動としては、自民党大阪市議団の政策アドバイザーをしています。

他にも、YouTubeで「柳本あきらチャンネル」で昨年まで、柳本顕Akira’sBarという毎回ゲストを読んでトークをする動画を公開していました。

柳本顕(元大阪市議)の父親

柳本顕で検索すると、検索候補に“父親”があったので、父親も有名な人なのかと思い調べてみました。

父親は「柳本豊」で、柳本顕の祖父が創業した酒屋を継いでいました。

柳本顕が中学生のときに、父親の柳本豊は市会議員選挙に出馬し、議員になったとのことでした。

ちなみに、柳本顕の叔父の柳本卓治も大阪市会議員を3期務めており、現在が参議院議員です。

柳本家は政治家一家ということですね。

柳本顕(元大阪市議)の学歴や経歴にwikiプロフィール

ここからは、柳本顕のプロフィールや経歴について紹介します。

柳本顕の出身や学歴にwikiプロフィール

  • 名前:柳本 顕(やなぎもと あきら)
  • 生年月日:1974年1月29日
  • 年齢:45歳(2019年3月現在)
  • 出身:大阪市西成区山王
  • 高校:大阪教育大学教育学部附属高等学校
  • 大学:京都大学法学部
  • 前職:大阪市会議員
  • 所属:自由民主党
  • 趣味:音楽鑑賞・作曲・テニス・卓球
  • 好きなもの:粉もん(お好み焼き・たこ焼き・そば・うどん)・スイーツ全般

趣味で作曲とあるのが、面白いですね。どんな曲を作ってきたのでしょうか。

好きなものが粉もの全般です笑 まさに大阪の食べ物という印象ですね。

学歴で高校は大阪教育大学教育学部附属高校なのですが、偏差値が74という成績が優秀でないと入れない高校です。

そのうえ大学は京都大学なので、エリートですよね。

柳本顕の経歴

  • 1997年:関西電力株式会社入社
  • 1999年:岸和田営業所、和歌山支店、本店を経て平成11年の選挙後、退社。25歳最年少で初当選。交通水道委員
  • 2001年:文教経済副委員長・大都市税財政特別委員
  • 2002年:民生保健委員・大都市制度特別調査副委員長、自民党大阪府連 青年局 青年部長
  • 2003年:文教経済委員長
  • 2005年:自民党大阪府連 青年局 学生部会長
  • 2007年:自民党大阪府連 広報委員長
  • 2008年:自民党・市民クラブ市会議員団 政調会長
  • 2010年:大阪市会運営理事、自民党大阪府連青年局長
  • 2011年:自民党大阪市会議員団 副幹事長、財政総務委員、大都市・税財政制度特別委員
  • 2013年~2015年:自民党大阪市会議員団 幹事長
    大阪市廃止・分割統合の住民投票において、大阪市存続の立場から大阪市長選挙に出馬するも落選
  • 2016年:まちづくりコンサル会社設立。自由民主党大阪市会議員団・政策アドバイザー就任
  • 2018年:自由民主党大阪府連政調副会長

会社員をしていたのは2年程度だったんですね。

関西電力を退社してからは、ずっと政治家として活動をされています。

おわりに

今回は、柳本顕の現在の活動や父親と学歴や経歴にプロフィールについてまとめてみました。

現在は自民党大阪市議団の政策アドバイザーが主な活動でした。

学歴はエリートコースで優秀な高校を卒業し、京都大学を出ています。

今度の大阪ダブル選での結果によっては今後の活躍もまた期待できるのではないでしょうか。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。