山下魁(かい)の経歴やwikiプロフィールは?出身高校や大学も調査!

統一地方選挙の前半戦となる県知事選挙が21日告示され、大分県では現職と新人合わせて3人が立候補しました。

新人の一人が共産党県書記長の山下魁氏(42)です。

山下魁氏は過去にも何度か選挙に立候補していますが、どんな人物なのか気になりました。

そこで今回は、

  • 山下魁のプロフィールや学歴
  • 山下魁の経歴

について書いていきます。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

山下魁(かい)のwikiプロフィールや学歴

それでは、山下魁氏のプロフィールについて紹介します。

  • 名前:山下 魁(やました かい)
  • 生年月日:1976年12月27日
  • 年齢:42歳(2019年3月現在)
  • 出身:大分県大分郡由布院町(現:由布市)
  • 学歴:NHK学園高等学校
  • 現職:共産党大分県委員会書記長
  • 所属:共産党

高校はNHK学園高等学校を卒業しており、高校卒業後は就職しているので大学には進学していませんでした。

NHK学園高等学校というのは、通信制の学校で実際に登校する必要があるのは、テストなどで年4回ほどの学校です。

大学への進学も可能な学校ですが、自身の勉強だけでは難易度が高いようでした。

また、出身中学校は、山下魁氏のブログのほうに、「地元の由布院で、中学時代の同窓会」という内容の記事があるので、湯布院中学校の可能性がありますね。

山下魁(かい)の経歴

ここからは、山下魁氏の経歴について紹介します。

山下魁氏はNHK学園高等学校を卒業後、高校の頃にしていたアルバイト先の地元のガソリンスタンドにそのまま就職しています。

働く中で経済や雇用のルールに疑問を感じ、母の勧めで行った「資本論」学習会で共産党を知ったことが、入党したきっかけとのことです。

また、これまでの選挙には、

  • 2005年の衆院選
  • 2007年の参院選
  • 2009年の衆院選
  • 2010年の参院選
  • 2012年の衆院選
  • 2013年の参院選
  • 2014年の衆院選
  • 2015年の知事選
  • 2016年の参院選(比例)

に出馬してますが、調べてみたところ当選経験はまだありませんでした。

現在は、日本共産党・大分県委員会の書記長・青年学生部長として活動しています。

若さはありますが、当選経験がないこともあり有権者に実績が伝わりにくいのかもしれませんね。

おわりに

今回は、山下魁氏のプロフィールや出身校と経歴について紹介しました。

山下魁氏は通信制のNHK学園高等学校を卒業して、バイト先だったガソリンスタンドに就職していました。

現在は、日本共産党・大分県委員会の書記長・青年学生部長として活動されています。

これまで選挙には多く立候補していますが、当選経験がありません。

今回の知事選が初当選になるかもしれませんね。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。