田村耕太郎(頭に来てもアホとは戦うな)の学歴や経歴は?父親や子供家族にwikiプロフィールも調査!

4月からドラマ「頭に来てもアホとは戦うな」がスタートしますよね。

「頭に来てもアホとは戦うな」は販売部数が65万部を超えているベストセラーとなったビジネス書です。

著者は田村耕太郎氏ですが元参院議員ということで、どんな人物なのか気になりなりました。

そこで今回は、

  • 田村耕太郎のプロフィールや学歴経歴
  • 田村耕太郎の父親や家族

についてまとめていきます。

田村耕太郎(頭に来てもアホとは戦うな)のwikiプロフィールや学歴・経歴

それでは、田村耕太郎氏のプロフィールや経歴について紹介します。

田村耕太郎のプロフィール

  • 名前:田村 耕太郎(たむら こうたろう)
  • 生年月日:1963年7月23日
  • 年齢:55歳(2019年3月現在)
  • 出身:鳥取県鳥取市
  • 職業:ミルケン・インスティテュートシニア・フェロー、国立シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院兼任教授

職業の通り現在はシンガポールに移住しています。

田村耕太郎の学歴・経歴

  • 鳥取県立鳥取西高等学校
  • 早稲田大学商学部
  • 慶應義塾大学大学院経営管理研究科

ここまでの学歴がすでに華やかですね。慶応ではMBAを取得しています。

  • 1989年山一證券入社

入社2年目に全社で営業成績1位の実績から企業派遣留学生に選抜されて留学します。

  • イェール大学大学院
    開発経済および国際経済専攻:経済学修士号
  • デューク大学法律大学院
    証券規制・会社法専攻:法学修士号取得
  • ブリュッセル自由大学で単位取得
  • 新日本海新聞社に入社
  • 新日本海新聞社取締役編集局長
  • 大阪日日新聞社取締役社長
  • 参議院議員補欠選挙鳥取選挙区より初当選
  • 参議院財政金融委員会理事、自由民主党財務金融部会副部会長
  • 自由民主党参議院国会対策副委員長、内閣府大臣政務官

現在はシンガポールで企業アドバイザーや大学教授をして活躍されています。

学歴と経歴が入り交ざっていますが、金融や経済のプロでエリート中のエリートという感じですね。

田村耕太郎(頭に来てもアホとは戦うな)の父親や子供家族

ここからは、田村耕太郎氏の家族について紹介します。

田村耕太郎と検索すると「父」が候補に出てくるので、父親が有名な人なのかと思い調べてみました。

父というのは義父のことでした。

義父は吉岡利固といい山一証券を辞めた後に入社した新日本海新聞社の社長です。

田村耕太郎は吉岡利固の娘さんと結婚しているんですね。

田村耕太郎氏には娘がいます。

子供の教育には力を入れており、教育のためにもシンガポールに移住しているんです。

今では娘さんは英語や中国語も話せるようにもなっているということです。

おわりに

今回は、ドラマ「頭に来てもアホとは戦うな」の原作著者の田村耕太郎の学歴経歴やプロフィールについて紹介しました。

経歴は学歴も入り交じっていますが、エリート中のエリートということが分かりました。

また経歴をみても分かるように、自身と同じように子供の教育にもキャリア形成を見据えていることが分かりますね。

これだけの実績のある人が原作の作品なので、ドラマのほうも楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。