武内和久(福岡)の政策や経歴は?出身高校大学やwikiプロフィールに結婚した妻家族も調査!

21日に告示される福岡県知事選で、自民党は新人で元厚生労働官僚の武内和久氏(47)を推薦するという報道がありました。

武内和久氏は厚労省から外資系ITコンサルやマッキンゼーに出向など興味深い経歴があります。

経歴も興味深いのですが、武内和久氏がどんな人物なのか気になりました。

そこで今回は、

  • 武内和久の経歴やプロフィールに家族
  • 武内和久の政策

についてまとめてみました。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

武内和久(福岡)の経歴や出身高校大学にwikiプロフィール

武内和久のプロフィール

  • 名前:武内 和久(たけうち かずひさ)
  • 生年月日:1971年4月19日
  • 年齢:47歳(2019年3月現在)
  • 趣味:毎朝の味噌汁づくり、にぎり寿司づくり、日本酒

中学高校は福岡県の私立久留米大学附設中学・高等学校でした。

久留米大学附設は中高一貫の学校です。

久留米大学附設高校の偏差値は76で福岡県トップで国内でもトップクラスの学校です。

大学は東京大学法学部を卒業しています。

学歴は中高から大学までトップクラスで優秀な学生だったことが分かりますね。

武内和久(福岡)の経歴

  • 1994年:厚生労働省 その後一貫して医療/介護/福祉/子育て/年金/雇用分野を中心にキャリアを積む。
  • 2001年:米国シンクタンクEBRI(在ワシントンDC)客員研究員
  • 2005年:在英国日本国大使館(在ロンドン)一等書記官
  • 2013年:厚生労働省 福祉人材確保対策室長「保険医療2035」策定懇親会委員
  • 2015年:アクセンチュア ヘルスケア部門統括 マネジング・ディレクター就任
  • 2017年:マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアクライアントアドバイザー就任
  • 2018年:九州朝日放送「シリタカ!」「アサデス。」レギュラーコメンテーター

厚生労働省にいたのは1994年から2015年です。

その後、アクセンチュア株式会社に転職しています。

学歴から経歴についてはエリートですが、政治家ではちょっと変わった経歴ですね。

武内和久(福岡)の結婚した妻家族

武内和久氏の家族構成は妻と娘です。

家族については一般の方ということで、情報が公表されていませんが、娘さんは2歳ということでした。

もう少し大きいお子さんかと思いましたが、2歳なのは意外ですね。

武内和久(福岡)の政策

武内和久氏は政策を、

1.“世界初”経済成長する少子高齢社会を実現!

2. 攻めの少子化対策、そして女性にチャンスを!

3. 全県一丸「ワン・フクオカ」計画!

という県政刷新の3本柱としています。

厚生労働省で得た、医療や介護、福祉、子育ての分野の経験と民間のIT企業で得た経験があっての政策ですね。

おわりに

今回は、武内和久氏の経歴やプロフィールに政策などについて紹介しました。

武内和久氏は久留米大学附設高校から東大、厚労省とエリート中のエリートという経歴でした。

官僚を辞めてからは、外資系のIT企業に転職をしています。

官僚と民間企業の経験があるので、政界のみを経験している人とは違った県政改革を進められるのではないでしょうか。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。