鈴木英敬のwikiプロフィールや経歴は?嫁や子供に給料や自宅も調査!

21日告示された三重県知事選に、3選を目指す現職の鈴木英敬氏(44)と新人で元同県玉城町議の鈴木加奈子氏(79)の一騎打ちの戦いとなりました。

鈴木英敬氏は2期8年にわたり知事を務めてきましたが、どんな人物なのか気になりました。

そこで今回は、

  • 鈴木英敬のプロフィールや経歴
  • 鈴木英敬の嫁や子供に給料や自宅

についてまとめてみました。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

鈴木英敬のwikiプロフィールや学歴と経歴

それでは、鈴木英敬氏のプロフィールや経歴について紹介します。

鈴木英敬のwikiプロフィールや学歴

  • 名前:鈴木 英敬(すずき えいけい)
  • 生年月日:1974年8月15日
  • 年齢:44歳(2019年3月現在)
  • 出身:兵庫県
  • 学歴:東京大学経済学部
  • 現職:三重県知事
  • 所属:無所属
  • 推薦:自民党、公明党

名前が英敬(えいけい)ということで、一部のネット上からは名前をもじって「AK(エーケー)」と呼ばれています。

学歴は灘中学校・高等学校を経て東京大学経済学部を卒業しています。

灘中学校・高等学校は、灘中学は偏差値76で灘高校は偏差値78と日本一の学校ですよね。

その灘高等学校では生徒会長も務めていました。

そこから東京大学への進学なので学歴は絵に描いたようなエリートですね。

鈴木英敬の経歴

  • 1998年3月:東京大学経済学部経済学科 卒業
  • 1998年4月:通商産業省入省(大臣官房総務課配属)
    その後、経済産業政策局新規産業室、産業構造課勤務など、経産官僚を約10年間務める。
  • 2011年2月:自由民主党を離党
  • 2011年4月:三重県知事就任
  • 2015年4月:三重県知事再選

2011年の知事就任時点では、大阪府の橋下徹知事を抜いて36歳の全国最年少現職知事となってます。

東大卒業後官僚となり、最年少で知事となっているのでAK(英敬)はエリート中のエリートということが分かります。

鈴木英敬の嫁や子供と給料や自宅

ここからは、鈴木英敬氏の家族や給料などについて紹介します。

給料の嫁や子供家族

鈴木英敬氏の妻は元シンクロナイズドスイミング五輪メダリスト武田美保さんです。

  • 名前:武田 美保(たけだ みほ)
  • 生年月日:1976年9月13日
  • 年齢:42歳(2019年3月現在)
  • 出身:京都府京都市
  • 大学:立命館大学産業社会学部卒業
  • 所属事務所:ジャパンスポーツマーケティング

現在は夫の政治活動を支える公演活動をしたり、三重県でシンクロナイズドスイミングの指導をされています。

また、アメリカではピラティスのインストラクター資格を取得しており、ダイエットやピラティスなどに関する本も出版されています。

子供は息子1人と娘1人がおり、現職知事では初めて第一子、第二子とも育児休暇を取得して、鈴木英敬氏はイクメンオブザイヤー等も受賞しています。

鈴木英敬氏は肩書だけでなく、イクメンとしてのタイトルも獲得しているんですね。

鈴木英敬の給料や自宅

鈴木英敬氏の給料は昨年公開された情報だと約1,779万円でした。

ちなみに2012年の報酬は都道府県知事の中でで最下位の1,168万円だったので、6年で600万円ほど上がっています。

1年で100万円のペースです。

自宅は過去に妻の武田美保さんがテレビ番組に出演したときに紹介されてます。

広い敷地でセキュリティ対策もされた豪邸ですが、県知事公舎ということでした。

テレビ番組ではお笑い芸人のハリセンボンがロケに来ており、「役所じゃん笑 家じゃないですよ」とコメントしています。

雰囲気が役所だと、自宅でもあまり落ち着かないですね笑

おわりに

今回は、鈴木英敬氏のプロフィールや経歴と家族や給料などについて紹介しました。

鈴木英敬氏は灘高等学校で生徒会長を務めて東大へ進学しているエリートでした。

学力の成績だけでなくイクメンとしてもエリートのようです。

給料も毎年100万円のペースで上がっており、昨年は1,779万円でした。

三重県の知事選では、2期8年の鈴木県政の評価が問われる選挙になりそうですね。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。