杉本達治の経歴やプロフィールは?出身高校や大学に妻や家族も調査!

統一地方選挙の前半戦となる県知事選挙が21日告示され、福井県では現職と新人合わせて3人が立候補しました。

新人のひとりの杉本達治氏(56)は前副知事なので、下についていた知事の西川一誠氏と争うこととなります。

前副知事から知事選へ出馬することにした、杉本達治氏がどんな人物なのか調べてみました。

そこで今回は、

  • 杉本達治の経歴やプロフィール
  • 杉本達治の出身高校や大学に妻や家族

について書いていきます。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

杉本達治の学歴wikiプロフィールと妻や息子家族

それでは、杉本達治氏のプロフィールや家族について紹介します。

杉本達治のプロフィールと学歴

  • 名前:杉本 達治(すぎもと たつじ)
  • 生年月日:1962年7月31日
  • 年齢:56歳(2019年3月現在)
  • 出身:岐阜県中津川市
  • 大学:東京大学法学部
  • 前職:総務省消防庁国民保護・防災部長
  • 所属:無所属
  • 推薦:自民党推薦、福井維新の会

杉本達治氏は岐阜県出身で高校は多治見北高等学校を卒業しています。

多治見北高校は偏差値が68と岐阜県ではトップクラスの学校です。

高校卒業後は東京大学法学部に進学しています。

杉本達治の妻や子供家族構成

家族構成は妻(53)と長男(25)、長女(22)です。

一般の方ということで、名前や詳しい情報は公表されていないんですね。

杉本達治氏は、頭の上がらない人に、妻を挙げていますが、対立する前福井知事の西川一誠氏と同じですね笑

杉本達治氏の予定が重なった時は、妻が代役を務めているということなので、献身的な奥さまのイメージがしますね。

結婚記念日は写真撮影を欠かさないとのことで、仲のいい家族なんですね。

杉本達治の経歴

ここからは、杉本達治氏の経歴について紹介します。

  • 1986年4月:自治省(現総務省)に入省。
  • 2000年:総務大臣(自治大臣)秘書官
  • 2004年:福井県総務部長
  • 2007年:内閣参事官
  • 2010年:総務省市町村税課長、地方債課長
  • 2013年:福井県副知事
  • 2016年:総務省消防庁国民保護・防災部長
  • 2018年:総務省公務員部長

入省から32年に渡り、地方分権、地方創生、過疎対策、防災対策など地方行政一筋です。

この間、福井県においても総務部長、副知事を務めてます。

おわりに

今回は、杉本達治氏のプロフィールや家族に経歴などについてまとめてみました。

杉本達治氏は岐阜県トップクラスの多治見北高校を出て東大法学部出身のエリートです。

経歴は地方行政一筋でこれまでも福井県で総務部長や副知事を務めてきました。

福井知事選は5選を目指す西川氏の多選のあり方などが争点となることを考えると、福井県副知事の経験がある杉本達治氏の当選の可能性も高いのではないでしょうか。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。