メンインブラック(MIB)3のラストの意味は?最後にチップで隕石が落ちる理由はなぜ?

6月21日に金曜ロードSHOWで人気シリーズの「メン・イン・ブラック3」が放送されますね。

メン・イン・ブラックと言えば様々なエイリアンが出てくるSFアクションコメディです。

また、このシリーズでは意味のあるラストで終わるので、考えさせられますよね。

メン・イン・ブラック3ではラストでチップによって運命が変わるシーンがありました。

そこで今回は、

  • メン・イン・ブラック3のラストの結末意味
  • メン・イン・ブラック3の最後にチップで運命が分かれる理由

について書いていきます。

メンインブラック(MIB)3のラストの結末の意味

それでは、メン・イン・ブラックのラストの意味についてまとめていきます。

メンインブラック(MIB)1のラストの結末の意味

メン・イン・ブラック(MIB1)のラストのセリフで、「我々の住む宇宙が誰かのビー玉に過ぎない可能性もある」とあります。

映像では、わたしたちが存在する宇宙はビー玉のような中にあり、どこかの宇宙のエイリアンがビー玉のような球を手に取ってるシーンでしたね。

これは、自分の見えているものだけが必ずしも正しいとは限らないという意味を表しています。

メンインブラック(MIB)2のラストの結末の意味

メン・イン・ブラック2(MIB2)のラストでは、エージェントJが宇宙人たちをロッカーに移すシーンがあります。

その後エージェントKが「危険 立ち入り禁止」の扉を開くと、大量のロッカーが並んでおり、自分たちもロッカーの中の住人であるように描かれていました。

自分たちのいる世界も、より大きな世界の中のコインロッカーの一つである小さな世界であることが分かりました。

これはMIB1と同じような意味を感じますね。

メンインブラック(MIB)3のラストの結末の意味

では、今回のメン・イン・ブラック3(MIB3)のラストは、これまでの1と2とちょっと違う意味を感じました。

MIB3では喫茶店のようなお店でJとKが食事をして、2人がお店を出ていきます。

それを近くの席でグリフィンがKがいた席を見ていて、「Kがチップを払わないと地球に小惑星が接近する。」と心配してます。

そのあとKが「忘れていた。」と、戻ってきてチップを自分がいた席に置いていきます。

そして、地球に向かっていた小惑星は衝突する間一髪のところで人工衛星に衝突し地球は無事救われます。

この意味は些細な出来事が、その後様々な要因を引き起こし、だんだん大きな現象に変化していくことを表しています。

まさにMIB3のまとめとして終わらせた一貫性のあるシーンだったのではないでしょうか。

メンインブラック(MIB)3の最後にチップを払わないと隕石が落ちる理由はなぜ?

ここでは、メン・イン・ブラック3(MIB3)の最後にチップを払わないと何で隕石が落ちるの?という理由について書いていきます。

理由は前述の通り、些細で小さな出来事(チップを置く選択)でも、大きな出来事(地球に隕石が落ちる)へ変化していくことを表しています。

チップと隕石のシーンはまさに今回のテーマを表すシーンでした。

というのも、今作ではエージェントKが若かりし頃に逮捕したボリスが脱獄するところから物語が始まります。

しかし、もし逮捕せずにボリスを生かさない選択をしていたら、ボリスが脱獄することなく、逆にエージェントKが殺されることもなかったわけです。

その時々の選択によって将来の物事は変化していき、行きつくところにはより大きな結果が返ってくるということですね。

分かりやすいのが、パーティーで初めてグリフィンが登場したシーンではないでしょうか。

グリフィンは「~だったら、-となる」というように未来を予知したセリフを何度か言ってました。

また、JとKの3人で一緒に夜の球場で野球を観戦するシーンでは、ある選手はその両親がワインを飲んでいなかったら女の子として生まれてきたと言ってましたね。

ひとことで言うと今回のテーマは、いわゆるバタフライ効果(バタフライエフェクト)です。

最後のシーンはMIB3のテーマを、チップと隕石で表現したんですね。

おわりに

今回は、メン・イン・ブラック(MIB)のラストの意味とMIB3で最後にチップで隕石が落ちる理由についてまとめてみました。

MIBシリーズではラストで作品のテーマを表すようなシーンを作ってまとめています。

MIB1と2のラストシーンでは、自分たちのいる世界も、より大きな世界の中の小さな世界の一つということを意味していました。

今作では些細な出来事が、その後様々が要因を引き起こし、だんだん大きな現象に変化していくことを意味していました。

今回の作品ではバタフライ効果をテーマとしており、最後のシーンではチップと隕石で表現して、まとめたということですね。

MIBはアクションコメディのジャンルで面白い映画ですが、テーマを考えると真理を考えさせてくれる映画でもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。