金元幸枝の経歴やwikiプロフィールは?高校や大学に夫や娘も調査!

統一地方選挙の前半戦となる県知事選挙が21日告示され、福井県では現職と新人合わせて3人が立候補しました。

3人の内、新人の金元幸枝氏(60)というのは、どんな人物なのか調べてみました。

そこで今回は、

  • 金元幸枝の経歴やプロフィール
  • 金元幸枝の学歴や家族

について書いていきます。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

金元幸枝のwikiプロフィールや大学に家族

それでは、金元幸枝氏のプロフィールや家族について紹介していきます。

金元幸枝のプロフィールや学歴

  • 名前:金元 幸枝(かねもと ゆきえ)
  • 生年月日:1958年3月20日
  • 年齢:61歳(2019年3月現在)
  • 出身:福井県吉田郡永平寺町
  • 学歴:福井大学
  • 前職:党福井県委員会書記長
  • 所属:日本共産党

学歴については、金元幸枝氏の出身高校については公表されていませんでした。

大学については福井大学教育学部を卒業しています。

福井大学の教育学部の偏差値は50なので、高校は進学校だった可能性がありますね。

また、中学・高校は陸上部の短距離選手だったとのことです。

金元幸枝の家族

家族については6人家族と愛犬タロウです。

6人家族なので、お子さんもですがお孫さんもいそうですね。

子供は娘さんはいることが分かりましたが、一般の方なのか情報が公表されていませんでした。

旦那さんは、金元直栄さん(68)と言って、永平寺町で町議をされています。

金元直栄さんは金元幸枝氏の旦那さんでもあり、尊敬する人でもあるとのことです。

また、夫婦ともに日本共産党に所属しています。

金元幸枝の経歴

ここからは、金元幸枝氏の経歴について紹介していきます。

元赤旗記者で、党県書記長、党県県民生活委員長、党県常任委員を務めています。

  • 1980年から共産党専従活動家として活動に従事する。
  • 1990年から2017年まで10回の衆議院議員選挙に立候補。
  • 2017年の第48回衆議院議員選挙では、22,931 票を得るも落選。
  • 2015年の福井県知事選挙に立候補し、59,115 票を得るも落選。

今回の2019年の知事選が二度目の挑戦となります。

おわりに

今回は、金元幸枝氏のプロフィールや学歴と家族に経歴についてまとめてみました。

金元幸枝氏は福井大学教育学部出身で6人家族です。

経歴は元赤旗記者で現在は党県書記長を務めています。

福井県知事選は、自民党県議らが西川氏と杉本氏に分かれて支援する、保守分裂選挙となっていますが、金元幸枝氏は「自民の推薦を争うような2人を倒すべく頑張る」とコメントしています。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。