競泳池江璃花子選手は白血病で引退か?東京オリンピック出場はどうなる?

本日2月12日競泳女子の池江璃花子選手が自身のTwitterで白血病と診断されたことを発表しました。

池江璃花子選手は来年の東京オリンピックでも金メダル候補とされていたため衝撃的なニュースとなっています。

今回診断された白血病で引退となるのか、東京オリンピックの出場はどうなるのかが気になりますよね。

そこで今回は、

  • 競泳池江璃花子選手は白血病で引退か?
  • 競泳池江璃花子選手の東京オリンピック出場

についてまとめていきます。

競泳池江璃花子選手は白血病で引退か?

池江璃花子選手の白血病の診断では引退になるのではないか、ということが気になります。

本日の16時から行われた日本水泳連盟の会見では、オーストラリア合宿中に体調不良であったこと。

そして、帰国後に検査受けたら白血病であったことが発表されています。

会見では池江璃花子選手については、「くよくよせず、治して元気な姿で練習して結果を出したい」という気持ちが前面に出ていた、とのことです。

現時点では引退の話は出ていませんが、会見の通り池江璃花子選手はまだまだ結果を出す気持ちであるということ。

また、まだ18という年齢を考えると白血病の診断が出たとはいえまだ引退を判断するには早いですね。

競泳池江璃花子選手の東京オリンピック出場は?

気になる東京オリンピックの出場についてですが、会見では明言されておりません。

直近のコナミオープン、日本選手権については欠場が決まりました。

会見では現在池江璃花子選手は入院中ですが、白血病は早期の発見だったことが発表されています。

過去に白血病となったスポーツ選手ではプロ野球選手の岩下修一さんがいます。

プロ入り2年目に白血病と診断され、抗がん剤治療を4カ月間受けた翌年11カ月後に公式戦に出場しています。

このように過去のスポーツ選手の例からも池江璃花子選手はまだ東京オリンピックの出場の可能性はまだあるのではないでしょうか。

おわりに

今回は、競泳池江璃花子選手は白血病による引退についてと東京オリンピック出場についてをまとめてみました。

会見の通り白血病の診断が早期発見であったことと過去のスポーツ選手の例から見ても引退の可能性は低いのではないでしょうか。

また、東京オリンピックの出場もまだ可能性は十分あるとわたしは思います。

池江璃花子選手が白血病に打ち勝ち、また元気な姿を見れるのが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。