水泳池江璃花子選手の白血病の完治の可能性は?選手生命やリハビリ期間も調査!

2月12日競泳女子の池江璃花子選手が「白血病」と診断されたことをTwitterで発表しました。

池江璃花子選手と言えば競泳でアジア大会6冠を達成するなど素晴らしい成績を収めている選手です。

白血病と診断された池江璃花子の選手生命や病気が完治するのか?ということが気になります。

そこで今回は、

  • 水泳池江璃花子選手の白血病の完治の可能性
  • 水泳池江璃花子選手の選手生命やリハビリ期間

についてまとめていきます。

水泳池江璃花子選手の白血病の完治の可能性

本日、水泳・池江璃花子選手が自身のTwitterで白血病であることを発表しました。

Twitterでの発表の通り治療すれば白血病は完治する病気です。

本人も「信じられない」と言っていますが、治療に専念しまた戻ってくるという前向きな発表をしています。

ファンからもまた見たいというメッセージが出ていますね。

体が資本ですから今は休養に専念してほしいですね。

水泳池江璃花子選手の選手生命やリハビリ期間

水泳池江璃花子選手の選手生命については、まだ白血病と診断されたばかりで
具体的な情報は出ていません。

しかし、Twitterの通り、今は休養をとり治療に専念するということなので、完治したら選手として戻ってくる可能性は高いのではないでしょうか。

また治療期間は2~3年ですが、再発の可能性もあり治療後4年再発がなければ、それ以降の再発の可能性はかなり低いです。

治療からリハビリ期間は3~5年にはなるのではないかと推測しています。

おわりに

今回は、水泳池江璃花子選手の白血病の完治の可能性と選手生命やリハビリ期間についてまとめてみました。

白血病は完治する病気ということと、治療に専念してまた戻ってくるという内容が前向きでまた応援したくなりますね。

今は休養してもらって、ぜひまた競技をするところを見てみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。