飯泉嘉門の子供や家族とwikiプロフィールは?大学や経歴と評判も調査!

統一地方選挙の前半戦となる県知事選挙が21日告示され、徳島県では現職と新人合わせて3人が立候補しました。

現職の飯泉嘉門氏(58)は4期16年知事を務めているので、経歴や評判について調べてみました。

そこで今回は、

  • 飯泉嘉門のプロフィールや家族に学歴
  • 飯泉嘉門の経歴と評判

について書いていきます。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

飯泉嘉門の出身プロフィールや大学に妻や子供

それでは、飯泉嘉門氏のプロフィールや家族について紹介していきます。

飯泉嘉門のプロフィールや学歴

  • 名前:飯泉 嘉門(いいずみ かもん)
  • 生年月日:1960年7月29日
  • 年齢:58歳(2019年3月現在)
  • 出身:大阪府池田市
  • 学歴:東京大学
  • 現職:徳島県知事
  • 所属:無所属
  • 推薦:自民県連、公明県本部

飯泉嘉門氏は大阪府出身です。

学歴は帝塚山学院中等部から私立灘高等学校に進学しています。

灘高校は偏差値78の日本トップの学校ですね。

高校卒業後は東京大学法学部に進学しているエリートコースです。

また、中学~高校は柔道部、大学は弓術部でどちらも有段者です。

飯泉嘉門の家族

飯泉嘉門氏の家族についてですが、奥さまや子供がいそうですが、情報が公表されていませんでした。

公式のプロフィールでは、家族が妻とだけあるので、もしかしたら子供はいないのかもしれませんね。

飯泉嘉門の経歴と評判

ここからは、飯泉嘉門氏の経歴や評判について紹介していきます。

飯泉嘉門の経歴

  • 1984年3月:東京大学法学部卒業
  • 1984年4月:自治省入省
  • 1993年4月:山梨県総務部財政課長
  • 1995年4月:埼玉県企画財政部財政課長
  • 1998年6月:郵政省通信政策局地域情報化プロジェクト推進室長
  • 2000年7月:自治省税務局税務企画官
  • 2001年4月:徳島県商工労働部長
  • 2002年4月:徳島県県民環境部長
  • 2003年5月:徳島県知事初当選
  • 2007年5月:徳島県知事(2期目)
  • 2011年5月:徳島県知事(3期目)
  • 2015年5月:徳島県知事(4期目)

1984年に東京大学法学部卒業後、自治省に入省。

それから新潟県、山梨県、埼玉県、旧郵政省、徳島県に出向し、徳島県商工労働部長、同県民環境部長を経て、2003年に徳島県知事に初当選しています。

飯泉嘉門の評判

Twitterでは、飯泉嘉門氏の実績について特別良くも悪くも評判はありませんでした。

専用スタジアムを要望する声と 5期は長いという声が目立ちます。

おわりに

飯泉嘉門氏は私立灘高等学校から東京大学法学部に進学したエリートでした。

経歴は自治省に入省後、新潟県、山梨県、埼玉県、旧郵政省、徳島県に出向し、徳島県商工労働部長、同県民環境部長を経て、2003年から徳島県知事を務めています。

評判は、特別良くも悪くもありませんが、Twitterの通り、4期16年にわたる飯泉県政の是非が問われるのではないでしょうか。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。