広瀬勝貞の評判や学歴に経歴プロフィールは?妻と息子や足の病気も調査!

統一地方選挙の前半戦となる県知事選挙が21日告示され、大分県では現職と新人合わせて3人が立候補しました。

現職の広瀬勝貞氏(76)は今回の知事選で5選を目指しています。

広瀬勝貞氏は4期16年にわたり知事を務めてきたので、経歴や評判などについて気になりました。

そこで今回は、

  • 広瀬勝貞のプロフィールや学歴
  • 広瀬勝貞の経歴や評判
  • 広瀬勝貞の家族や持病

について書いていきます。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

広瀬勝貞のwikiプロフィールや学歴

それでは、広瀬勝貞氏のプロフィールや学歴について紹介します。

  • 名前:広瀬 勝貞(ひろせ かつさだ)
  • 生年月日:1942年6月25日
  • 年齢:76歳(2019年3月現在)
  • 出身:大分県日田市
  • 大学:東京大学法学部
  • 前職:経済産業省事務次官
  • 現職:大分県知事
  • 所属:無所属
  • 推薦:自民党県連、公明党県本部

学歴として高校は麻布高等学校を卒業しているのですが、東京の高校なんですね。

出身は大分県なので、引っ越しがあったのか高校から東京に出て来たのかもしれません。

麻布高等学校は中高一貫校なので、麻布中学校から同高校への進学になります。

麻布中学校は名門私立で偏差値が72のエリート校です。

麻布高等学校の卒業後は東京大学法学部に進学しています。

広瀬勝貞の経歴や評判

ここからは、広瀬勝貞氏の経歴や知事としての評判について紹介します。

広瀬勝貞の経歴

  • 1966年:東京大学法学部卒業、通商産業省に入省
  • 1976年:在スペイン日本大使館出向
  • 1991年11月:内閣総理大臣(宮澤 喜一) 秘書官
  • 1999年9月:通産省 事務次官
  • 2001年1月:経済産業省 事務次官
  • 2002年7月:同 退官
  • 2003年4月:大分県知事当選・就任
  • 2007年4月:大分県知事2期目当選
  • 2011年4月:大分県知事3期目当選
  • 2015年4月:大分県知事4期目当選

広瀬勝貞氏は東大卒業と共に通商産業省に入省し30年以上通産の官僚を務めます。

2002年の退官後に、通産省時代の先輩にあたり、大分県知事を務めていた平松守彦から後継指名を受けて大分県知事選に出馬し当選しています。

広瀬勝貞の評判

Twitterでの定期的に出てるアンケートでは評判以前に、認知されていないように見えますね。

功績も特にないとのツイートもあり、不祥事のような問題もなければ、大きな功績もなかったので認知されていないのかもしれんね。

広瀬勝貞の妻と息子や足の病気

ここからは、広瀬勝貞氏の家族や病気について紹介します。

広瀬勝貞氏の妻は尭子さんといい、東京女子大学の出身です。

また、子供は3男1女で4人います。

一般の方になるのか、子供のことについては公表されている情報はありませんでした。

妻の尭子さんは元衆議院議員の林佳介さんの長女ということなので、通産省に入ってから紹介があって出会ったのかもしれませんね。

広瀬勝貞の名前で検索すると、「病気」や「足」という言葉が出てくるので、調べてみました。

通産省時代から腰の持病があるようで、腰や足にしびれがでるとのことでした。

この持病で過去に手術のため入院をしていたことが分かりました。

おわりに

今回は、広瀬勝貞氏のプロフィールや経歴に家族や病気についてまとめてみました。

広瀬勝貞氏は中学校からエリート校で東京大学を卒業しています。

通産省の官僚時代が長く、退官後通産省時代の先輩で当時の大分県知事から指名を受けた経緯があり大分県知事となっていました。

これまでで16年にわたって大分県知事を務めているので、広瀬県政の評価や是非が問われる選挙となりそうですね。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。