平井伸治の父母と妻子供や性格は?東京大学の学歴や出身経歴を調査!

任期満了に伴う鳥取県知事選が21日告示され、現職の平井伸治氏(57)、新人の福住英行氏(43)と井上洋氏(70)の3人が立候補しました。

現職の平井伸治氏(57)は3期12年知事を務めたということで、経歴や人物像について調べてみました。

そこで今回は、

  • 平井伸治氏の学歴や経歴
  • 平井伸治氏の性格や家族

についてまとめてみました。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

平井伸治のプロフィールと父母や妻子供に性格は?

それでは、平井伸治氏のプロフィールや家族などについて紹介していきます。

  • 名前:平井 伸治(ひらい しんじ)
  • 生年月日:1961年9月17日
  • 年齢:57歳(2019年3月現在)
  • 出身:東京都
  • 大学:東京大学法学部
  • 前職:国家公務員(自治省・総務省)、鳥取県副知事
  • 現職:鳥取県知事
  • 所属:無所属
  • 推薦:自民、公明、国民の県連や県本部、立憲民主党

平井伸治氏の家族についてですが、お父さまは弁護士でした。

上野の鈴本演芸場の近くに家があり、同じ町内に落語家も住んでいたこともあって、落語が好きなお父さまだったとのことです。

お母さまについては一般の方ということなのか、情報は公開されていませんでした。

また、今の家族構成は妻のりえさんと息子さんが2人の4人家族です。

妻のりえさんは動物愛護に関わるほど、動物が好きな方ということです。

息子さんについては情報がありませんでしたが、お父さまが弁護士という血筋から考えると、お子さんも優等生な可能性が高いですね。

平井伸治氏の性格について、温厚な人ということです。

バラエティー番組にも出演することがあり、ダジャレが目立つことから明るい人というのがわかりますね。

また、平井伸治氏が若いときにお父さまを亡くされているようで、健康には気を使っているということです。

平井伸治氏の学歴や経歴とマニフェスト

ここからは、平井伸治氏の学歴や経歴について紹介していきます。

平井伸治の高校や大学の学歴

中学や高校は中高一貫の開成中学校・高等学校を卒業しています。

開成高校は偏差値78で東京ではトップ、全国でもNo2に入るエリート高校ですね。

また、大学は東京大学法学部を卒業しています。

学歴は中学から大学までエリートコースですね。

法学部なので、お父さまが弁護士だった影響があるのかもしれませんね。

平井伸治の経歴

  • 1984年3月:東京大学法学部卒業
  • 1984年4月:自治省(現在の総務省)入省
  • 1999年7月:鳥取県総務部長を拝命
  • 2001年6月:全国最年少で鳥取県副知事
  • 2005年4月:総務省に移り、選挙部政党助成室長
  • 2006年6月:自治体国際化協会ニューヨーク事務所長として米国勤務
  • 2007年4月:鳥取県知事選挙初当選 鳥取県知事就任
  • 2011年4月:鳥取県知事に再選
  • 2012年11月:中国地方知事会長に就任
  • 2015年1月:全国知事会副会長に就任

1984年に東京大学法学部卒業後、現在の総務省に入省しています。

それから兵庫県、福井県に出向し、1995年9月から半年間米国に派遣され、米国連邦選挙委員会、カリフォルニア大学バークレー校政府制度研究所客員研究員を務めています。

学歴もですが経歴もエリートですね。当時最年少で知事を務めており、米国でも勤務している経験があるので、英語も堪能なイメージです。

平井伸治のマニフェスト(公約)

平井伸治氏は、「平成のあとの新しい時代は、大都会中心の価値観ではなく、鳥取の価値観でこの国を変えていきたい」とコメントしています。

鳥取県知事の公約一覧を詳しく見るにはこちら

おわりに

今回は、平井伸治氏のプロフィールや家族に学歴や経歴を紹介しました。

平井伸治氏の父は弁護士をしており、現在の家族構成は妻と息子2人の4人家族です。

開成中学・高校出身で東京大学法学部を卒業し官僚となったエリートです。

平井伸治氏は3期12年に渡り鳥取県知事を務めてきたので、これまでの評価が問われる選挙となりそうですね。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。