荒井正吾の経歴やプロフィールに娘や妻は?奈良知事の評判に年収や自宅も調査!

21日告示された奈良県知事選に、現職の荒井正吾氏(74)と、新人で医師の川島実氏(44)、新人で前参院議員の前川清成氏(56)の現職と2新人の争いが確定しました。

3期12年にわたる荒井県政でしたが、評判が気なりますよね。

そこで今回は、

  • 荒井正吾氏の経歴やプロフィールに家族
  • 荒井正吾氏の奈良県知事の評判に年収や自宅

についてまとめてみました。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

荒井正吾の学歴経歴やwikiプロフィールに娘や妻家族は?

それでは、荒井正吾氏のプロフィールや家族と経歴について紹介します。

荒井正吾のプロフィールと大学や家族

  • 名前:荒井 正吾(あらい しょうご)
  • 生年月日:1945年1月18日
  • 年齢:74歳(2019年3月現在)
  • 出身:大阪府八尾市
  • 学歴:東京大学法学部、シラキューズ大学マックスウェル行政大学院
  • 前職:海上保安庁長官、参議院議員
  • 現職:奈良県知事
  • 所属:無所属
  • 推薦:自民県連、国民県連、公明県本部

学歴として高校は奈良女子大学附属高等学校を卒業し、東京大学へ進学しています。

当時の奈良女子大学附属高校の偏差値はどうだったかは不明ですが、現在は45~54とされてます。

東大への受験は一度失敗しており、1年浪人して東大に合格しています。

浪人しているとはいえ、当時の奈良女子大学附属高校は今より高いランクだったのかもしれませんね。

荒井正吾氏の家族についてですが、奥さまもですが子供も全く情報が公開されていませんでした。
検索キーワードに娘や息子などがあるので、奥様と娘さんと息子さんがいらっしゃるのではないでしょうか。

荒井正吾の経歴

  • 1968年3月:東京大学法学部卒業
  • 1968年4月:運輸省入省
  • 1972年6月:米国シラキュース大学マックスウェル行政大学院卒業、同大学行政学修士取得
  • 1982年4月:OECD日本政府代表部
  • 1993年6月:運輸省観光部長
  • 1995年6月:運輸省鉄道局審議官
  • 1997年6月:運輸省自動車交通局長
  • 1999年7月:海上保安庁長官
  • 2001年7月:参議院議員、外務大臣政務官、参議院文教科学委員長などを歴任
  • 2007年5月:奈良県知事(1期)
  • 2011年5月:奈良県知事(2期)
  • 2015年5月:奈良県知事(3期)

東大を卒業してからは、国家公務員となり政治家となって今の知事に至っています。

東京大学法学部を卒業した人はこのキャリアが多い気がしますね。

荒井正吾の年収や自宅に奈良知事の評判

ここからは、荒井正吾氏の年収や知事としての評判について紹介します。

荒井正吾の年収や自宅

荒井正吾氏の自宅の住所は知事公舎になっているので、実際はどんな自宅かは分かりませんでしたが、東京の世田谷区にも土地や建物があることが分かりました。

約3年前の情報では、

資産としての世田谷の土地の価格は、1,952万円で、建物が352万円と公開されていました。

また、年収については、

2012年は1、635万円、

2015年は1、707万円、

2016年は1、758万円

と右肩上がりです。

荒井正吾の奈良県知事の評判

ツイートを見る限りでは、あまりいい評判はなく、実績も支持率も良くない情報が多く見えました。

おわりに

今回は、荒井正吾氏の経歴やプロフィールに年収や評判などについて紹介しました。

荒井正吾氏はエリートコースのキャリアを歩んでいました。

年収は年々増えており、4年間で100万以上も上がっていました。

知事選では3期12年にわたる荒井県政の是非が問われる選挙になりそうですね。

統一地方選挙2019の全記事はこちら

1 個のコメント

  • 早く辞めてほしいです74歳でしょう県民いけん聞かない無駄な税金使っているホテルとかいろいろ観光増加考えてないのかだから最下位奈良なんだスポーツにも感心ない速く辞めてくれ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。